saby

DSC_1050-2.jpg

閑寂さのなかに、奥深いものや豊かなものがおのずと感じられる美しさを表現。
経年変化によって生まれた新たな味わいを美しいと思い。
古いものを愛でる、朽ちたもの枯れたものに情緒を感ず。
俳句のもっとも美しい部分や肝心な部分を『寂』(さび)と呼び、
曲の中で一番強く、美しいパートをさす。 
beauty of impermanence ephemeral beauty...
無常の美しさ、はかない美しさ...
ブランド名< saby> は日本人としての美意識を表す、わび・さびから着想を得た造語になります。

Image by laura adai

buhktのデザイナーである橋本哲也氏が独立し、

2020年に旗揚げした新進気鋭のブランド。

「忘れてしまっている日本人としての美意識を再確認できるような物作り」をコンセプトに掲げ、

人と人との繋がり、目に見えない想いや奥深さ、

物作りの裏側で生産を担う人々の思いを届ける。